ペルシャ美術

ペルシャガラス Persian glass

ペルシャガラスの歴史を書くとすれば、ペルシャ絨毯はその後輩と言ってもおかしくはありません。
私ナザリが思っているのは、日本にある美術工芸作品の中に、「世界で最も美しく、最も大切に守られてきた」ペルシャガラス器があり、そのペルシャガラス器を「世界で最も美しく、最も大切に守ってきた」のは、日本国であり、日本人なのです。
そのことをペルシャ人として、非常にありがたいことと思います。
さらに私が思っているのは、特別に重要なそのペルシャガラス器は、日本の宝物の中で片手で数えられる、つまり、五指に入る一つと言ってもいいでしょう。
それ程大切で、歴史の深い所にある作品、歴史上極めて重要な意味と意義を持つ作品について、説明するとすれば何十冊本を書かなければなりませんし、私のような勉強不足の人間には書けません。
ただお知らせしたかったのは、そのような偉大なペルシャガラスが日本にあるということです。

ページトップへ